2016.10.17事例(福島県40代女性)

 

10月初旬だったかな

 

手術が怖いよう~ガーンガーン

居ても立っても居られない!とのお申込みがありましてね

 

でも私はこの手術が決まった時に、

「大丈夫!!検査結果が悪かったとしても死ぬことはないから

しっかり治しとこ~爆  笑」と伝えたはず

 

やっぱり雑談程度じゃなくて、ちゃんと聞きたいようだったので

「こないだ言うたやん」とは思いつつ正式にお受けしました

 

医者はストレスで卵巣が腫れてるって言うけど

本当にそれだけ? 開けてみなきゃわからないって

もっと怖い病気だったら? 術後、目が覚めなかったら?

 

不安はモクモクと大きくなっていたので

とりあえずセッション開始

 

(なにぶん10月初旬のこと、すっかり頭から抜けたので

メッセージやりとりを見直しております)

 

まずは あなた長生きですよって念押ししてから

 

その症状がストレスからではないこと、

不純物がたまっていてエネルギーの循環が悪くなっている症状だということ

それを治すための手術であることなどをお伝えし

手術は成功、術後も長引かないですよという、やりとりで終わっていました

 

そしてご家族の大切さを知る、

大切に思われてることを知るための出来事ラブラブ

 
とにかく無事の終了、良かった!
あとは、ゆっくりしてくださいね拍手

 

 

リブログさせていただきました、ご覧くださいラブラブ